福島市近郊で商業登記ができる司法書士をお探しですか?

商業登記とは法務局の商業登記簿に、会社の情報を記載する手続きのことです。

会社や各種法人は次のような登記事項について、変更があった場合には、原則2週間以内に商業登記を申請しなければなりません。

このページに載っていない場合でも、会社や法人の登記事項に変更があった場合は、商業登記が必要になります。

記載されていない手続きや「相談して良いのか迷っている」「どんな手続きが必要か分からない」「会社の定款が見当たらない…」といったことについてなども、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

株式会社をはじめとする各種法人の商業登記を、議事録などの書類作成から登記申請までサポートします。

 商業登記について福島市の司法書士に相談・依頼する場合はこちらから

024-573-6141 電話でのお問い合わせ

役員変更

握手する役員

取締役など役員が代わった場合には、役員変更登記が必要です 「取締役が辞任(死亡)していなくなった」 「新しく取締役が就任した」 「今年で役員の任期満了だけど何...

詳しくはこちら

商号変更

商号を変更する場合は登記が必要です 「会社の名称(商号)を変更したい」 「会社で取り扱っている事業が変わったので、商号に反映したい」 変更登記は申請期限がある...

詳しくはこちら

目的変更

事業の目的を変更する場合は登記が必要です 「許認可の関係で目的変更しなければならなくなった」 「銀行から登記簿の目的を変えてほしいと言われた」 目的変更登記は...

詳しくはこちら

本店移転

会社や法人の住所を変える場合には、本店移転登記が必要です 「スタッフが増えたので広いオフィスに移転したい」 「自宅で開業したが、軌道にのってきたので賃貸オフィスに移...

詳しくはこちら

支店設置

会社の支店を新たに設置する場合は支店設置登記が必要です 支店とは、会社の営業について限定された範囲で、本社と独立して取引の行われる営業所のことを言います。 株式会社や合同会...

詳しくはこちら

解散・清算結了

会社を解散することになったら解散の登記が必要です 会社を任意で解散するには、株主総会で解散の決議をして、法務局に解散登記の申請をしなければなりません。 解散登記をした後、解...

詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせ

024-573-6141

営業時間 9:00~18:00【土日祝日を除く】営業時間外でも司法書士の携帯電話に転送されます。 予約をいただければ休日・夜間の相談も可能です。仕事でお忙しい方も遠慮なくご連絡ください。

LINEでのお問い合わせ

QRコードを読み取って公式アカウントを友達に追加した後、LINE上でお問い合わせください。

(友だち追加をしても、トークをするまで、誰が登録されたか当事務所は把握できません)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。